上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSCN6677.jpg

数年ぶりに、主人の親戚に会いに今治へ。


今回は、主人の両親を連れての旅でした。

いろいろな思いはあるものの「親孝行」という部分は大切にしたいので、一緒に行くことになりました。

深夜2時に出発し、途中大阪あたりで土砂降りの雨に降られましたが、無事に到着。

天気も回復し、気持ちの良い時間を過ごす事が出来ました。

主人が多感な時期に過ごしていた場所で、叔父にとっても主人は息子の様な存在なので、二人の会話が本当の親子以上で、見ていてうれしい気持ちになりました。
気候も良く、叔父との関係も良く… できればこのまま住み着きたい(笑)


DSCN6673.jpg

ホテルは「今治国際ホテル」
お部屋から見える景色は、最高!







ではでは、お土産の一部をご紹介♪

DSCN6691.jpgDSCN6688.jpg

今治といったら「タオル」
ちょうど「今治タオルフェア」が開催されていて大賑わい@@
大型バスが何台か停まっていたので、旅のお客様の買いっぷりに呆然としてました^^;

叔父お勧めの「すまき」
ここのお店は、ネットに載っていないので、紹介しにくいのですが、今治城そばの商店街の中にあります。
余分な加工をしていないので、加工食品特有のにおいもないので食べやすいのでお勧め。





DSCN6689.jpgDSCN6686.jpg
DSCN6684.jpgDSCN6687.jpg


私にとっては、4回目の今治の旅。
毎回、一泊二日で主人の運転(私は免許を持っていません^^;)なので、今度は、飛行機でのんびり行きたいな~。









にほんブログ村






スポンサーサイト


DSCN6413.jpgDSCN6410.jpg
DSCN6412.jpgDSCN6435.jpg




今年も楽しんだ「刈谷わんさか祭り」

昼食を食べに出かけた時は、人もまばらでしたが、夕方出かけると大渋滞@@

結局入り口付近の屋台で夕飯を買い出し、早々とクラーの効いた我が家へ帰宅。

ビールを片手に、リオオリンピックを見ながら花火も楽しむという、何とも贅沢な時間を過ごしました^^v






line10.gif





先日、「いつか参加できたらいいな~」と想っていた、イベントの申し込みをしました。
参加できるか否かの結果は、まだわからないのですが、「参加できる!」という事を仮定して、少しずつ準備をはじめています。
近日中に、報告しますね。



DSCN6391.jpg
DSCN6400.jpg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




行方不明だった、画像見つかりました!

ここ数日、撮った画像も行方不明になっていたので、焦っていろいろ探していたら、迷子中だった北海道旅行の画像も一緒に見つかりました!

パソコン教室で、ちゃんと勉強した方が良いかな~(悩)






DSCN6077.jpg


2日目の札幌市内は、少し曇り空。


ホテルからは、さほど遠くないので、昼間の雪まつりも楽しみました。




DSCN6082.jpg

その後、札幌時計台


雪まつり会場から、近いこともあって、結構混雑していました。

資料館になっているので、ゆっくりしたかったのですが、中は大混雑@@

寒い時期だから、余計に中が混雑していたのかもしれません。




JRタワーの展望台へ

DSCN6090.jpg

DSCN6088.jpg


こちらは時間帯が良かったからか、とてもゆっくりと楽しむ事が出来ました。

札幌市内を一望でき、一部には、軽食の取れるスペースがありました。

昼食代わりに、チーズケーキを注文したのですが、メチャメチャ旨い!!!

画像はありませんが、チーズを薄焼きにしたお菓子もお勧め(100円)



ゆっくり見て回ったり、おやつを食べたりしていたので、かなりの時間をここで過ごしました。

とても、静かで広々としているので、いらっしゃっていた方たちの中には、本を読んだり、鉛筆で市内をデッサンしたり…。

開放感のあるここで刺繍が出来たら、とても気持ち良さそう。




急きょ決まった北海道旅行。

バタバタと決めたわりに、宿もよく楽しい旅になりました。

「今度は、レンタカーを借りて、数日かけて廻りたいな~」と主人。

思っていたより、格安で航空券が取れるので、春夏秋冬いろんな表情の北海道が楽しめれば良いかなぁっと思っています。





小樽は、海が近いこともあって、美味しいお魚料理が人気です。

ノイシュロスホテルの朝食は、和食・洋食から選べました。

食事中に写真を撮る事が、あまり得意ではないので、画像はありませんが、目にも楽しいいろいろなアレンジをした小鉢が、数種類。

焼き魚はシーズンごと?その日ごと?に違うらしく、名前は忘れましたが^^;魚料理が苦手な私でも(味は好きなのですが、骨が上手く取れないので、刺身系以外は、あまり好んで食べません 汗)新鮮なので、身がきれいに取れ、美味しくきれいに頂くことが出来ました(喜)



「雪あかりの路」が有名な小樽なので、楽しみにはしていたのですが、慣れない雪道を歩くのはしんどく疲れてしまったので、暗くなる前に札幌へ。

一応、雪道でも滑らないように「携帯用スパイク」を使って歩いていたので、一度も滑る事無く安全に歩くことが出来たのですが…。

雪道を歩くことに慣れていない方は、必要です!









line10.gif







札幌での宿泊は、「アスペンホテル」
JRタワーへの入場券と朝食付きのプランを選びました。


シーズンだから、団体客とか多いのかなぁ。  ガチャガチャしているのは嫌だなぁとか、いろいろ思っていたのですが、全く不満を感じることなく、とても快適なホテルでした。


朝食も、評価が高いだけあってメニューが豊富。
主人は、ここのベーコンを気に入って何度もおかわりし、たらふく食べたので、夜の便までお腹いっぱいでした^^;




3時のチェックインと同時に部屋に入り、ひと眠り。

夕方から、「札幌雪まつり」へ向かいました。






何枚か撮ったはずなのに…涙
写真がこれ↑しかない@@


市民やサークル仲間!?が作った雪像がいくつかあったり、モーグルの会場があったりで、おもしろかったです。

大きな雪像は、自衛隊の方々が作るのですね。(知らなかった。)

一部の大きな雪像はプロジェクションマッピングをしていたり、演劇をしていたりしていました。

屋台も沢山出ていて、念願だった「スープカレー」をここで頂きました♪

冷えた体には、熱々のスープカレーが身に沁みます。





それにしても、撮った画像はどこへ行ってしまったんだろう。。。
旅行してから、数日がたってしまったので、思い出しながら書いています。

また、追記の予定なので、今日は、ここまで。





DSCN6058.jpg

月初めに所用で、主人と東京に用事があったので、「もうちょっと先に進んで『雪まつり見に行かない?』」
の嬉しい言葉で、いざ北海道へ♪



スムーズに、午前中で用事を終える事が出来たので、出発の3時間前には羽田空港に到着。
初めて、羽田空港を利用したのですが、空港へ向かう電車やバスも沢山あり、スムーズに乗り継ぎが出来たのが安心でした。

そして、空港内はとても広く、沢山のお店や飲食店が並んでいて、一日遊べるくらい♪





飛行機は「スカイマーク」を利用しました。

100キロ級の主人が座れるか心配だったのですが、全然余裕!
値段の安さで決めたけど、手軽な値段で利用できるので、また遠出する時は、利用したいと思います。


http://www.skymark.co.jp/ja/



新千歳空港に到着後は、一泊目の宿のある「小樽」へ向かいました。

小樽へ直接向かう事の出来る「エアポート」というJR線を利用しました。

一両だけ指定席、あとは自由席という電車で、指定席が満席だったので、少し早めに自由席の列に並びました。
始発が「新千歳空港」ということもあり、座る事が出来ましたが、札幌駅など途中の駅から乗る場合は、時期によっては、混みあうと思うので、指定席を取った方が良さそうです。



18時頃小樽駅に到着し、宿泊するホテルへの無料送迎バスに乗り込み、いざホテルへ


ノイシュロス小樽

DSCN6052.jpg
(翌早朝の風景)



この宿に決めた一つの理由はこの景色。

この景色、実は各部屋付いている露店風呂からの眺め。

仕事で宿泊する時は、常に東横インなどのビジネスホテルなので、プライベートで宿泊する時は、部屋の広さと、温泉がある地域では、客室露店風呂付が条件なのですが、両方クリアーで、しかも夕食も豪華✨、嬉しいことに12時チェックアウト(嬉々)

値段以上に大満足なお宿でした。

DSCN6051.jpgDSCN6050.jpg

ホテルの玄関からの景色。
丘の上に建っているので、景色は抜群に良いです。
展望台など、散策できるエリアでもあるようなので、夏ごろにまた来たいなぁ。



長くなったので、続きはまた後日。







9月初めに仕事仲間と、研修を兼ねた京都旅行に行ってきました。

お世話になっている問屋さんの計らいで、老舗の帯メーカーと染めメーカーにお邪魔しました。


手織りの職人さんから、いろいろとお話を聞かせて頂いたり、検品の専門家の方の苦労話し等を聞き、沢山の職人の手によって、一つの帯が出来上がるという感動を、再確認できました。

染めのメーカーさんでは、沢山の図案を見せて頂くことができました。
古い図案集なので、色あせていたり虫食いがあったりでしたが、長い年月大切にされていた事を感じる図案集でした。

古代の漫画「鳥獣戯画」の有名な場所は、ウサギやカエルが登場するところですが、その場面はほんの一部で、かなりのページ数がある事を知りました。
竜や麒麟なども書かれており、広げるたびにワクワクしました。


着物の世界は奥深く、毎日が勉強の日々ですが、それを伝えれる場がある事が、とても幸せです。
織や染めなどの専門的なことは、実際に見て、触って、職人の方々から話を聞くことが大切だと思っています。

今回の研修で学んだことをしっかりと自分のモノにし、お客様に伝えていきたいと思います。








DSCN5834.jpg DSCN5835.jpg

毎年恒例のキャンプに今年も参加。

道中に小雨が降っていたのですが、キャンプ場に着いたら晴れ

今回のキャンプは寝たな~(笑)

前日の東京がたたったのか、ビールを数本飲んだら、もう眠くて眠くて…

みんなの賑やかな声を聴きながら、就寝。


DSCN5837.jpg

東京で買い忘れた、自分たちのお土産をしっかり買い込んで帰宅。


しっかり寝たおかげで、帰宅後の片づけもサッと終わり、満足!






お盆明け、久しぶりに主人と休みがあったので、あいにくの天気でしたが、急きょ新幹線で「東京スカイツリー」へ。

DSCN5798.jpgDSCN5800.jpg
DSCN5801.jpgDSCN5799.jpg


さらに上へ

DSCN5802.jpgDSCN5821.jpg

エレベーターで一気に上がり、ドアが開くとそこから見える景色は絶景!!!

時期と天気のおかげか、人もまばらだったので、ゆっくり景色を楽しむことができました。

DSCN5824.jpgDSCN5825.jpg
DSCN5826.jpgDSCN5828.jpg

エレベーターを降りてから出口までの間に、伝統工芸のオブジェが並びとても見ごたえがあります。






DSCN5777.jpgDSCN5776.jpg

毎年大賑わいの「刈谷わんさか祭り」

今年は、お盆と重なり友人達が来れなかったので、夫婦水入らずでお祭りを楽しみました。


DSCN5773.jpg

今年のゲストは、神無月さん。
テレビでよく見る、モノマネを披露して下さり、爆笑!!!

DSCN5774.jpg

もちろん「武藤」

「30代40代の男に受けるネタ」と本人も言われていましたが、前方のベンチ席は、子連れの若夫婦&おじいちゃん、おばあちゃん。
後方の立ち見客は、30代40代の男子。

笑える程の温度差を感じながら、後方は「武藤コール」の嵐(笑)


DSCN5788.jpgDSCN5789.jpg

お祭りの目玉

7000発もの花火!!!

家の目の前で上がる為、花火の上がる地響きを感じながら、クーラーの効いた部屋で観賞^^v

DSCN5787.jpg

花火の写真って、難しいー><



ここ一週間で、急に秋めいた日本列島。

一気に5℃~10℃近く下がったので、心なしか夏が恋しい。




月末に、毎年恒例のキャンプへ行ってきました。

8月に入ってから、毎週末雨模様だったのに、キャンプに行った8月30日、31日は晴れ!
深夜に、少し雨が降ったみたいですが、テントを片付ける時にはすっかり乾き、片付けもスムーズ(何より嬉しい)

肌寒かったので、川には入らなかったのですが、タープの中でのんびりビール三昧で過ごしました。


かれこれ、10年以上続けているキャンプ。
子供たちも成長し、忙しくなったせいか全員参加とはいかなくなっています。
塾や部活、はたまた宿題^^; 大人以上に忙しそう。





下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋

2日目は、みんなと別れて下呂温泉。
奮発してエステを受け、体も心もリフレッシュ♪

新学期のスタートと云う事もあって、静かにのんびり過ごせました。






line10.gif





部屋の隅に追いやられている、山積みになったキャンプ用品を、横目に見ながら更新中。
さぁ そろそろはじめますか!







| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。